【初心者向け】植物工場の衛生管理:清掃・洗浄の基本とノウハウを解説

こんにちは、今村です

植物工場で安全でおいしい野菜を安定供給するには、衛生管理が欠かせません。
閉鎖環境である植物工場は、清潔さを保つ一方で、一度病害が発生すると広範囲に蔓延しやすいという側面も持っています。

特に、収穫した野菜を洗浄しない場合、栽培環境の清潔さを保つことが、安全な野菜を育てる上で非常に重要になります。

本記事では、「収穫した野菜は洗浄しない」「栽培設備や作業場は清掃・洗浄が必要」という植物工場を想定し、初心者の方に向けて、清掃・洗浄の重要性から具体的な方法、そして知っておくべきノウハウまでを分かりやすく解説します。

目次

なぜ清掃・洗浄が重要なのか?

「そこまで神経質に清掃しなくても…」そう思っていませんか?

しかし、栽培設備や作業場の清掃不足が、安全な野菜生産を脅かすリスクがあることを忘れてはいけません。

  1. 目に見えない脅威、病害リスクを減らす
    • 植物工場は、外部から隔離された清潔な環境だからこそ、作物を健やかに育てることができます。
    • しかし、その反面、一度病原菌が侵入してしまうと、あっという間に拡散してしまう危険性をはらんでいます。
    • 特に、栽培パネルや育苗トレー、作業台などは、野菜や栽培担当者の手と触れる機会が多いため、病原菌の温床になりやすい場所です。
    • 清掃・洗浄不足は、苗の生育不良、成長の遅延、品質の低下、最悪の場合、収穫直前の野菜にまで病気が広がってしまうリスクを高めます。
  2. 生産性にも影響大!設備の寿命と作業効率UP
    • 清掃・洗浄不足は、目に見えない病害リスクを高めるだけでなく、設備の劣化を早める原因にもなります。
    • 例えば、養液栽培システムでは、配管に藻や沈殿した物質が付着すると、養液の流れが悪くなったり、詰まったりすることがあります。
    • また、衛生管理の行き届かない環境は、従業員のモチベーションや作業効率の低下にも繋がります。「清潔な環境は、おいしい野菜を育てる」という意識を共有することが大切です。
  3. 安心・安全の証明!ブランドイメージを守る
    • たとえ収穫後の野菜を洗浄しない場合でも、栽培過程で衛生管理が不十分であれば、食の安全に対する信頼を失ってしまう可能性があります。
    • 一度失った信頼を取り戻すことは容易ではありません。消費者に安心して野菜を選んでもらうためにも、徹底した衛生管理が重要です。
    • 植物工場の清潔さは、高品質な野菜を生産しているというブランドイメージに繋がります。

清掃・洗浄の対象と具体的な方法

特に以下の場所と備品を中心に清掃・洗浄を行いましょう。

  1. 栽培設備
    • 清掃対象: 栽培ベッド、栽培パネル、育苗トレー、栽培棚、センサー、タンクなど
    • 清掃頻度: 栽培サイクルごと、または汚れに応じて
    • 清掃・洗浄方法:
      • 物理的清掃: ブラシ、モップ、高圧洗浄機などを用いて、付着した根、藻、堆積物、塵埃などを物理的に除去します。
        • 高圧洗浄機を使用する際は、対象物の材質に適した水圧を選び、破損させないように注意が必要です。
  2. 作業場
    • 清掃対象: 床、壁、天井、作業台、シンク、など
    • 清掃頻度: 毎日、または汚れに応じて
    • 清掃方法:
      • 清掃: ほうき、モップ、などを用いて、ゴミや塵埃を取り除きます。
      • 水拭き: 水拭きやスチームクリーナーを用いて、汚れを落とします。
  3. その他備品
    • 清掃対象: ハサミ、ピンセット、定植用のスポンジ、、フィルター、収穫容器、運搬用カートなど
    • 清掃頻度: 使用頻度や汚れに応じて
    • 清掃・洗浄方法: それぞれの材質に合わせた方法を選びます。

稼いでいる工場の衛生管理の考え方

高い生産性を維持することは常に意識しておくべきです。

衛生管理で重要なポイントは、「徹底的な清掃・洗浄」ではありません。

過剰な清掃は、人件費や時間といったコスト増加に繋がり、生産性の低下を招く可能性もあります。

植物工場の衛生管理において、重要なのは「必要な清掃はしっかり行い、不必要なことをしない」というメリハリです。

では、何をしなくても問題ないのか。正しく理解していますか?

黒字運営をしている植物工場は、これらのノウハウを深く理解し、最低限のコストで十分な衛生環境を保っています。

必要なことは、衛生について正しいノウハウを得ることです。

当サイトでは、このような「収益」に直結するノウハウを提供しています。興味があれば、以下のコンテンをご確認ください。

洗浄の効果を高めるためのノウハウ

ただ闇雲に洗浄するのではなく、以下のノウハウを押さえることで、より効果的に衛生管理を行うことができます。

  1. 「ピカピカ」よりも「隅々まで」
    • 清掃の目的は、見た目を綺麗にすることではなく、病害の発生リスクを低減することです。
    • 隙間や設備の裏側など、見落としがちな場所も丁寧に洗浄することが重要です。
    • 特に、湿気が溜まりやすい場所は要注意です。排水溝やパイプの接続部などは、分解して内部まで洗浄するなど、徹底した清掃を心がけましょう。
  2. 乾燥の重要性
    • 洗浄と同様に重要なのが乾燥です。細菌やカビは湿気を好むため、洗浄後も水分が残っていると、繁殖しやすい環境を作ってしまいます。
    • 水分を拭き取ったり、送風機を使って乾燥させるなど、速やかに乾燥できるような工夫をしましょう。
    • 乾燥が難しい場所には、防カビ剤などを塗布することも有効です。
  3. 場所に応じた清掃計画
    • 施設全体をマッピングし、場所ごとに適切な清掃頻度と方法を定めた「清掃計画表」を作成しましょう。
    • 湿度が高い場所、人の手が触れやすい場所、収穫物に直接触れる場所は、より重点的に清掃する必要があります。
    • 清掃計画表は、従業員全員が共有し、誰でも同じように清掃できるよう、写真やイラストなどを用いて分かりやすく作成することが重要です。
  4. 効率的な清掃
    • 限られた時間と労力で、最大限の効果を得るためには、効率的な清掃が重要です。
    • まずは、汚れがひどい場所や、病害リスクの高い場所から清掃を行いましょう。
    • 清掃道具は、用途に合わせて使い分け、作業効率を上げることも重要です。
    • 定期的に清掃方法を見直し、より効率的な方法を検討していくことも大切です。
  5. 記録の重要性
    • 清掃記録を残すことは、清掃の徹底化だけでなく、万が一、問題が発生した場合の原因究明にも役立ちます。
    • いつ、誰が、どこを、どのように清掃したのかを記録しておきましょう。
    • 可能であれば、清掃後の写真撮影なども行うと、より効果的です。

まとめ:衛生管理のプロを目指そう!

植物工場における洗浄は、安全でおいしい野菜を安定供給するために欠かせない作業です。本記事で紹介した内容を参考に、適切な洗浄と衛生管理を実践し、高品質な野菜生産を目指しましょう。

また、洗浄のノウハウは、経験を通して身につけていく部分も少なくありません。先輩社員の指導を受けたり、積極的に情報収集を行うなど、常に学び続ける姿勢を持つことが大切です。

あなたも、植物工場の衛生管理のプロフェッショナルを目指して、日々努力を重ねていきましょう!

こちらもオススメです

\ 無料でダウンロードできます /
養液栽培で使える、超シンプルな施肥設計ツール

SimpleFertは、

  • 超シンプルな構成で使いやすい
  • 単肥と配合肥料の両方に対応
  • マクロ不要で動作が軽快
  • 初心者でも扱いやすい

私が現場で、10年以上試行錯誤して生まれた、実践的なツールです。ぜひ養液栽培にお役立てください。

メールアドレスと氏名の登録のみで、ダッシュボードからダウンロードできます。

システムの都合上、「決済」などと表示されますが、無料です。

メールアドレス登録フォームへ

使い方はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次