植物工場のコラム:涙と鼻水を垂れ流し、泣きながら掃除をした話

こんにちは、今村です

このページは、当サイトのコンテンツ「植物工場の収益性を高める172のヒント」で掲載したコラムを公開しています。

内容は、ノウハウなどでは全くないのですが、私の考えや失敗談などを気ままに書いてます。

「へー、他の工場ってそうなんだぁ」といった感じで読んでください。

目次

涙と鼻水を垂れ流し、泣きながら掃除をした話

小さな実験施設での話です。その施設ではいくつも栽培実験を行っていました。私もその施設の一員として作業をしていました。

 ある日のこと、すべての野菜を収穫したので、設備全体の掃除をすることにしたのです。

その設備では実験のため、常に何かしらの野菜を栽培していることが多いので、すべて収穫するタイミングは稀でした。

念入りに洗浄する良いチャンスです。栽培ベッドの汚れやゴミを除去し、養液タンクも綺麗にできます。

そして、いざ掃除を始めてみると、想像以上に汚れがひどいことに気づきました。これは徹底的に綺麗にしなければなりません。

そこで、消毒のために次亜塩素酸ナトリウムを投入することにしたのです。

ところが問題が発生しました。この設備は設計上、タンク内の養液を完全に排水することが難しく、排水したとしてもかなり多くの養液がタンク内に残ってしまうのです。

しかし、当時の私は、
「まぁ、仕方ないか…」

そう思いつつ、次亜塩素酸ナトリウムと水を投入し、しばらく循環していると、かなりの塩素臭が発生。

今考えると、残っていた養液が多すぎたうえに酸性が強かったか、次亜塩素酸ナトリウムを多く入れすぎたのではないかと思います。

しかし、正直言ってプールの匂いが嫌いではない(むしろちょっと好きである)私は、そのまま掃除を続けていました。

ところがしばらくすると、目からは涙が、鼻から大量の鼻水が止めどなく流れ出てきました。

その時点でさすがにキツくなってきました。

しかし、翌日には次の栽培実験を始めなければならないため、掃除を中断するわけにはいきません。

換気をし、それでも残る塩素臭に耐えて泣きながら掃除を続けました。まるで地獄のような時間でした。

慢性的な蓄膿症持ちである私は、この一件の後、しばらく鼻詰まりに苦しむことになりました(これが原因かはわかりませんが)。

養液の中に次亜塩素酸ナトリウムを入れてはいけないな。ということを学んだ体験でした。

殺菌のため使用する場合は、養液を排水し、新たに給水すべきです。濃度の高い塩素ガスを長時間吸い続けると危険なので気をつけましょう。

このコラムが掲載されているコンテンツは以下です。

こちらもオススメです

\ 無料でダウンロードできます /
養液栽培で使える、超シンプルな施肥設計ツール

SimpleFertは、

  • 超シンプルな構成で使いやすい
  • 単肥と配合肥料の両方に対応
  • マクロ不要で動作が軽快
  • 初心者でも扱いやすい

私が現場で、10年以上試行錯誤して生まれた、実践的なツールです。ぜひ養液栽培にお役立てください。

メールアドレスと氏名の登録のみで、ダッシュボードからダウンロードできます。

システムの都合上、「決済」などと表示されますが、無料です。

メールアドレス登録フォームへ

使い方はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次