植物工場の改善の要!収量アップ&コスト削減を実現するデータ活用の基礎知識

こんにちは、今村です

植物工場は、天候に左右されずに安定した生産が可能な次世代の農業として注目されています。しかし、従来の農業とは異なる管理手法やノウハウが必要とされます。特に重要なのが、データ分析です。

植物工場では、温度、湿度、光量、CO2濃度、養液組成など、様々な環境要因を精密に制御することができます。これらの膨大なデータは、まさに「宝の山」。

適切に分析することで、収量アップ、品質向上、コスト削減など、植物工場の成功に繋がる様々なメリットを得ることができるのです。

本記事では、植物工場におけるデータ分析の重要性について、初心者の方にも分かりやすく解説していきます。

目次

なぜデータ分析が重要なのか?経験と勘に頼らない栽培管理を実現

従来の農業では、長年の経験や勘に基づいて栽培管理を行うことが一般的でした。

しかし、植物工場のような閉鎖環境では、わずかな環境変化が作物の生育に大きな影響を与える可能性があります。そのため、経験や勘だけに頼った管理では、安定した収量を確保することが難しい場合もあるのです。

そこで重要となるのが、データに基づいた論理的な栽培管理です。植物工場では、様々なセンサーを用いて、環境データや生育状況を数値化することができます。これらのデータを分析することで、

  • 収量に影響を与える要因を特定
  • 最適な生育環境を解明
  • 病気や生育不良の兆候を早期発見

などが可能になります。

データ分析によって、より精度の高い栽培管理が可能となり、収量アップ、品質向上、コスト削減に繋がるだけでなく、安定した供給体制を構築できるというメリットもあります。

データ分析の基礎知識:どんなデータを記録する?

植物工場で記録すべきデータは多岐に渡りますが、大きく分けると以下の3つの種類があります。

  1. 環境データ:気温、湿度、光量、CO2濃度、水温、EC、pHなど
  2. 栽培データ:品種、播種日、収穫日、収量、不良苗数など
  3. 設備データ:照明の点灯時間、空調の設定温度、施肥設計など

これらのデータを記録する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 正確性:センサーの校正を定期的に行い、正確なデータを取得する
  • 網羅性:必要なデータを漏れなく記録する
  • 継続性:長期間にわたってデータを蓄積する

データの記録には、専用のシステムを導入するケースもありますが、表計算ソフトを活用する方法もあります。

重要なのは、自分にとって見やすく、管理しやすい方法で記録することです。

データ分析の手順:収量アップに繋げるデータ活用術

データ分析は、以下の手順で行います。

  1. 目的の設定:何を明らかにしたいのか、具体的な目的を設定する(例:収量アップ、コスト削減)
  2. データの収集:目的に応じて必要なデータを収集する
  3. データの可視化:グラフや表などを用いて、データを視覚的に分かりやすく表現する
  4. 分析・考察:データ間の関係性を見出し、仮説を立てて検証する
  5. 改善策の実施:分析結果に基づいて、栽培環境や管理方法を改善する
  6. 効果検証:改善策による効果を検証し、必要があれば再度分析を行う

データ分析は、一度行えば終わりではありません。継続的にデータを取得・分析し、改善を繰り返していくことが重要です。

データ分析で収量アップを実現するための具体的な方法

データ分析は植物工場の改善に必須のスキルですが、管理者の知識とノウハウも問われます。

例えば、トリミングゴミの割合。

一見して、「ゴミが多かったな…」と思うだけではいけません。このデータ1つで様々なことがわかります。

  • ゴミの発生状態
  • その日の作業品質
  • 栽培工程の不備
  • 密植度合い

このような事を知っているか知らないかで、打てる改善の手が大きく変わります。

成果が出ている植物工場では、収益化に繋がる知識を深く理解し、独自のノウハウを運用しています。

当サイトでは、「収益性」に特化したノウハウを提供しています。興味があれば以下のコンテンをご確認ください。

まとめ:データ分析は植物工場経営の羅針盤となる

植物工場におけるデータ分析は、収量アップ、品質向上、コスト削減、そして安定供給の実現に欠かせないものです。

データ分析と聞くと難しく感じるかもしれませんが、特別な知識やスキルは必要ありません。まずは、日々の記録から始めてみましょう。

植物工場は、データに基づいた科学的な管理を行うことで、その真価を発揮します。データ分析を積極的に活用し、植物工場の未来を創造していきましょう!

こちらもオススメです

\ 無料でダウンロードできます /
養液栽培で使える、超シンプルな施肥設計ツール

SimpleFertは、

  • 超シンプルな構成で使いやすい
  • 単肥と配合肥料の両方に対応
  • マクロ不要で動作が軽快
  • 初心者でも扱いやすい

私が現場で、10年以上試行錯誤して生まれた、実践的なツールです。ぜひ養液栽培にお役立てください。

メールアドレスと氏名の登録のみで、ダッシュボードからダウンロードできます。

システムの都合上、「決済」などと表示されますが、無料です。

メールアドレス登録フォームへ

使い方はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次