植物工場の生産性に差がつく!収穫作業のすべて:効率化&品質アップの要

こんにちは、今村です

植物工場、特に水耕栽培において、収穫作業は品質・収量・効率を左右する最重要工程のひとつです。

今回は、植物工場における収穫作業の基礎知識から、生産性向上のためのノウハウ、そして最新技術までご紹介します。

これから植物工場での就業を目指す方、さらなるスキルアップを目指す方は必見です!

目次

1. 植物工場における収穫作業 – なぜ重要?

植物工場とは、閉鎖的な環境下で、温度・湿度・光・CO2濃度などを人工的に制御し、野菜などを安定的に生産するシステムです。その中でも、土壌の代わりに水と養液を用いる水耕栽培は、清潔で環境負荷が低いことから注目されています。

収穫作業は、この水耕栽培システムにおいて、下記のような重要な役割を担っています。

  1. 品質の確保: 収穫のタイミングや方法によって、野菜の鮮度、栄養価、食味が大きく左右されます。
  2. 収量の最大化: 適切な収穫時期を見極め、ロスを最小限に抑えることが、収量アップに繋がります。
  3. 効率的な生産: スムーズな収穫作業は、人件費削減、生産性向上に貢献します。

2. 水耕栽培ならではの収穫ノウハウ – プロの技を習得しよう!

水耕栽培の収穫作業は、土耕栽培とは異なる点が多く、特有のノウハウが必要です。ここでは、特に重要なポイントを解説します。

2-1. 衛生管理の徹底 – 水耕栽培の大敵「雑菌」を防ぐ!

水耕栽培は、土壌を使用しない分、水や養液の管理が非常に重要です。雑菌の繁殖を抑え、衛生的な環境を保つために、以下の点に注意しましょう。

  • 収穫作業前の手洗い・消毒: 作業前の手洗いは基本中の基本です。
  • 収穫用具の洗浄・消毒: 包丁やハサミ、収穫容器などは、使用後速やかに洗浄し、乾燥させましょう。
  • 収穫エリアの清潔保持: ゴミや水はこまめに片付け、清潔な状態を保ちましょう。

2-2. 生育スピード – 収穫タイミングを見極める!

水耕栽培は、土耕栽培に比べて生育スピードが速いのも特徴です。そのため、こまめな観察と適切な収穫タイミングの見極めが重要になります。

  • 生育ステージの確認: 品種ごとの収穫適期を把握し、定期的に生育状況を確認しましょう。
  • データ活用: 生育データなどを参考に、最適な収穫時期を予測することも可能です。

2-3. 収穫後の処理 – 品質保持と作業効率アップ!

収穫後の処理も、品質を維持し、出荷準備をスムーズに行う上で重要です。

  • トリミング: 規格外の部分や傷んだ葉を取り除き、商品価値を高めます。
  • 選別: サイズや品質によって選別し、等級分けを行います。
  • 梱包: 出荷用の箱や袋に詰めます。

ポイント: トリミングは、正確に行うことが重要です。余分な部分を取り除きすぎると、収量が減ってしまう可能性があります。また、洗浄や梱包の工程では、水気に接触させないことが大切です。水気が残っていると、カビや腐敗の原因となります。

収穫作業の改善が、工場の収益を決める

植物工場のコスト構造の中で、人件費は大きな割合を占めています。

そして、人件費の大半は収穫や収穫後の作業によるものです。つまり、収穫作業が効率的に行われるかどうかで、工場全体の製造コストが増減するのです。

例えば、10,000株/日を製造している工場の場合、1株につき1秒の作業時間を短縮しただけで、約3000円ほど1日の人件費が下がります。

黒字運営をしている植物工場では、このような重要性を理解し、スピードアップのために独自のノウハウを運用しています。

当サイトでは、「収益性」を追求したノウハウを提供しています。興味があれば以下のコンテンツを確認してください。

3. 自動化と効率化 – 植物工場の未来を創造!

近年、植物工場では、収穫作業の自動化・効率化が進んでいます。

最新技術の導入が、収穫作業の負担軽減と生産性向上に貢献し、植物工場の未来を大きく変えようとしています。

現時点で完全に活用されているケースはありませんが、将来的には以下のような技術が当たり前になるかもしれません。

3-1. 自動化 – AI・ロボットが活躍!

  • AI収穫ロボット: AIを搭載したロボットが、収穫適期を判断し、自動で収穫作業を行います。
  • 画像認識技術: カメラで撮影した画像を解析し、収穫適期や品質の判定を行う技術も開発されています。

3-2. データ分析 – 最適な収穫時期を予測!

  • 生育データ: センサーなどで収集した温度、湿度、CO2濃度などの環境データや、生育状況のデータなどを分析することで、最適な収穫時期を予測することができます。
  • 収穫量予測: 過去のデータなどを元に、将来の収穫量を予測することができます。

3-3. 生産ラインの最適化 – ムダをなくして効率アップ!

  • 作業動線: 作業動線を分析し、移動距離を減らすことで、作業効率を上げることができます。
  • 搬送システム: コンベアやロボットなどの搬送システムを導入することで、作業の効率化と省人化を実現できます。

4. まとめ – 植物工場の収穫作業は進化し続ける!

植物工場における収穫作業は、従来の農業とは異なる点が数多くあります。水耕栽培ならではの注意点を押さえ、効率的かつ安全な作業を行うことが重要です。

また、正確なトリミング、衛生管理の徹底など、品質管理にも細心の注意が必要です。そして、最新技術の導入や作業フローの見直しによって、さらなる効率化を図ることができます。

植物工場は、今後ますます需要が高まることが予想されます。収穫作業の効率化・自動化は、その鍵となる重要な要素と言えるでしょう。

この記事が、植物工場で働く皆さまの、より良い収穫作業のお役に立てれば幸いです。

こちらもオススメです

\ 無料でダウンロードできます /
養液栽培で使える、超シンプルな施肥設計ツール

SimpleFertは、

  • 超シンプルな構成で使いやすい
  • 単肥と配合肥料の両方に対応
  • マクロ不要で動作が軽快
  • 初心者でも扱いやすい

私が現場で、10年以上試行錯誤して生まれた、実践的なツールです。ぜひ養液栽培にお役立てください。

メールアドレスと氏名の登録のみで、ダッシュボードからダウンロードできます。

システムの都合上、「決済」などと表示されますが、無料です。

メールアドレス登録フォームへ

使い方はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次