【初心者必見】植物工場で収量アップ!知っておくべき栽培ノウハウや工夫

こんにちは、今村です

植物工場は、天候に左右されずに安定した収穫が期待できるため、近年注目を集めています。

しかし、その一方で「思ったように収量が上がらない」「品質が安定しない」といった悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

本記事では、植物工場における栽培ノウハウの基本や、収量アップに繋げるための工夫を、丁寧に解説していきます。

特に、これから植物工場を始めたい方や、キャリアの浅い方に向けて、知っておくべき重要ポイントをまとめました。

目次

植物工場で成功するための基本姿勢

植物工場は、閉鎖された環境下で植物を栽培するため、一見すると最新設備や技術が全てと思われがちです。しかし、どんなに高価な設備を導入しても、基本的な栽培管理がおろそかになっていては、その性能を十分に活かすことはできません。

植物工場で安定した収量と品質を確保するには、日々の観察、環境制御、異常への対応といった基本的な作業を徹底することが何よりも重要です。

日々の観察の重要性

植物は、刻一刻と状態が変化する生き物です。毎日の観察を通して、植物の生育状況、葉の色や形、病害虫の発生などを細かくチェックしましょう。

【観察ポイント】

  • 葉の色・つや: 健康な状態か、栄養不足や病気の兆候がないか
  • 茎の太さ・草丈: 徒長していないか、適切な生育スピードか
  • 根の状態: 色や量、病気の兆候がないか
  • 病害虫の発生: 早期発見・早期対応が重要

これらの変化を見逃さずに記録することで、早期に問題を発見し、適切な対策を講じることができます。

環境制御の基礎

植物工場では、温度、湿度、光、CO2濃度といった環境要因を人工的に制御することで、植物の生育をコントロールします。

【主な環境要因と影響】

要因影響
温度光合成速度、呼吸速度、生育スピード
湿度蒸散量、病害発生リスク
光(強度・時間・波長)光合成量、生育スピード、形態形成
CO2濃度光合成速度、生育スピード
気流温度・湿度・CO2濃度の均一化、病害発生リスク

これらの環境要因は、植物の種類や生育ステージによって最適な範囲が異なります。適切な環境制御を行うためには、栽培する植物の特性を深く理解することが重要です。

異常への対応

植物工場では、環境の変化や設備のトラブルなどによって、予期せぬ異常が発生することがあります。

【主な異常と対応】

  • 生育不良: 環境要因の見直し、栄養状態のチェック、病害虫の検査
  • 病害: 原因究明、薬剤散布、栽培環境の改善
  • 設備の故障: 修理・交換、代替手段の検討

異常発生時には、迅速かつ適切な対応が求められます。

日頃からマニュアルを整備したり、関係者間で情報共有を密に行ったりするなど、緊急時にも冷静に対処できる体制を整えておくことが重要です。

当サイトで提供している以下のようなコンテンツも、ぜひご活用ください。

植物工場の生産性を決める「光合成」の仕組み

植物工場で収量を向上させるためには、植物の成長の源である「光合成」を深く理解することが重要です。

光合成のメカニズム

植物は、光エネルギーを利用して、水と空気中の二酸化炭素から糖を合成しています。このプロセスを光合成と呼びます。

6CO2 (二酸化炭素) + 6H2O (水) + 光エネルギー → C6H12O6 (糖) + 6O2 (酸素)

生成された糖は、植物のエネルギー源となるだけでなく、体を構成する材料としても利用されます。つまり、光合成を活性化させることが、植物の成長を促進し、ひいては収量アップに繋がるのです。

光合成に影響を与える6つの要素

光合成は、以下の6つの要素に大きく影響を受けます。

  1. : 光合成のエネルギー源。光量が不足すると光合成速度が低下します。
  2. 温度: 光合成を行う酵素は、適切な温度範囲で最も活発に働きます。
  3. 湿度: 湿度が高いと気孔が閉じてしまい、CO2の吸収が阻害されます。
  4. CO2: 光合成の材料となるため、濃度が高いほど光合成速度は上昇します。
  5. : 光合成の材料となるだけでなく、養分を運搬する役割も担っています。
  6. 養液: 植物の生育に必要な窒素、リン酸、カリウムなどの栄養分を含んでいます。

これらの要素は、いずれも光合成に欠かせないものです。植物工場では、これらの要素を適切に制御することで、光合成を最適化し、植物の生育を促進することができます。

環境制御の基礎知識:6つの要素と最適なバランス

植物工場で収量を向上させるためには、光合成に影響を与える6つの要素を適切に制御することが重要です。しかし、それぞれの要素を最大限に高めれば良いというわけではありません。

植物の生育には、各要素間のバランスが非常に重要です。

光合成におけるバランスの重要性

例えば、光が十分に供給されていても、CO2濃度が低ければ、光合成速度は頭打ちになります。逆に、CO2濃度だけを高めても、光量が不足していれば、光合成は促進されません。

リービッヒの最小律という法則では、「植物の生育速度は、最も不足している栄養素によって制限される」とされています。

つまり、植物工場で収量を最大化するには、

  • 全ての要素をバランス良く供給すること
  • 不足している要素を見極めて補うこと

が重要となります。

環境制御の具体的な方法

【光】

  • LED照明: 省エネ性に優れ、波長制御も可能なため、植物工場で広く利用されています。
  • 照射時間: 一般的には12時間~18時間程度の照射が推奨されますが、作物の種類や生育ステージによって最適な時間が異なります。

【温度】

  • 空調設備: 植物工場では、冷暖房を完備した空調設備が不可欠です。
  • 温度管理: 生育適温を維持するために、こまめな温度調整が必要です。

【湿度】

  • 除湿機: 湿度が高くなりすぎると、病害発生のリスクが高まるため、除湿機を用いて適切な湿度を保ちます。
  • 加湿器: 乾燥する時期には、加湿器を用いて湿度を補います。

【CO2】

  • CO2供給装置: CO2濃度を高めるために、CO2供給装置が用いられます。
  • 濃度管理: CO2濃度が高すぎると、植物に悪影響を与える可能性もあるため、適切な濃度管理が必要です。

【水】

  • 水耕栽培: 土壌を使わずに、水に溶かした肥料で植物を栽培する方法です。
  • 水質管理: 水温、pH、ECなどを定期的に測定し、適切な水質を保つ必要があります。

【養液】

  • 養液管理: 植物の生育に必要な栄養分を供給するために、養液の濃度や組成を適切に管理する必要があります。
  • 養液の循環: 養液を循環利用することで、肥料コストを抑えられます。

これらの環境制御を適切に行うことで、光合成を最適化し、収量アップに繋げることができます。

見落としがちな重要要素:CO2と水

光、温度、湿度といった環境要因と並んで、CO2と水も植物の生育に欠かせない要素です。しかし、水耕栽培では水やCO2の供給が比較的容易なため、軽視されがちです。

CO2の重要性

CO2は光合成の材料となるため、CO2濃度を高めることで光合成速度を向上させることができます。

植物工場では、CO2濃度を1,000ppm程度に高めることで、収量が大幅に増加することが報告されています。

CO2施用には、CO2ボンベやCO2発生装置を使用します。CO2施用は、光量とのバランスが重要であり、光量が不足している場合は、CO2濃度を高めても効果は期待できません。

水の重要性

水は、光合成の材料となるだけでなく、養分を植物全体に運搬する役割も担っています。また、植物の体を支えたり、温度を調節したりするのにも役立っています。

水耕栽培では、常に水に浸かっているため、水不足になることはほとんどありません。しかし、水質が悪化すると、根の生育が阻害され、養分の吸収効率が低下する可能性があります。

水質を維持するためには、定期的な水質チェックと、必要に応じた水換えが重要です。

収量だけじゃない!高品質作物を作る環境制御

植物工場では、収量だけでなく、品質も重要な要素です。消費者は、味や香り、食感、栄養価など、様々な要素を考慮して農産物を選んでいます。

高品質な作物を作るためには、以下の点に注意する必要があります。

適度なストレスを与える

植物は、適度なストレスを受けることで、より強く、美味しくなります。

例えば、水やりを控えめにすることで、植物は水ストレスを感じ、糖度やうまみ成分が増加します。また、夜間の温度を下げることで、植物は寒さを感じ、アントシアニンなどの機能性成分を蓄積します。

ただし、過度なストレスは、生育不良や品質低下に繋がるため、注意が必要です。

光環境を最適化する

光は、植物の光合成だけでなく、形態形成や二次代謝産物の生成にも影響を与えます。

  • 光質(波長): 植物は、波長によって光合成効率や形態形成が異なります。
  • 光周期: 植物は、昼の長さ(明期)と夜の長さ(暗期)の変化を感じて、花芽形成や休眠などの反応を示します。

これらの要素を適切に制御することで、品質の高い作物を生産することができます。

収穫時期を見極める

収穫時期は、作物の品質を大きく左右する要素の一つです。収穫が早すぎると味が乗らず、遅すぎると品質が低下してしまいます。

収穫適期を見極めるためには、以下の方法が有効です。

  • 生育日数: 種まきや定植から収穫までの日数を目安にする。
  • 外観: 果実の色や形、大きさなどを観察する。
  • 糖度計: 糖度を測定する。

収穫時期を見極めることで、最も美味しい状態で作物を収穫することができます。

まとめ:植物工場で成功するための3つのポイント

本記事では、植物工場の栽培ノウハウについて、基本から応用まで幅広く解説してきました。

最後に、植物工場で成功するためのポイントを3つにまとめます。

  1. 基本を徹底する: 最新技術や設備だけに頼らず、日々の観察、環境制御、異常への対応といった基本的な作業を徹底することが重要です。
  2. 光合成を最適化する: 植物の成長の源である光合成を最大限に高めるためには、光、温度、湿度、CO2、水、養液の6つの要素をバランス良く制御する必要があります。
  3. 収益性を意識する: 温度管理やCO2施用など、コストのかかりやすい要素については、工夫次第でコストを抑えながら効果を最大限に引き出すことができます。

これらのポイントを踏まえ、読者一人ひとりが、植物工場で成功を収められることを願っています。

こちらもオススメです

\ 無料でダウンロードできます /
養液栽培で使える、超シンプルな施肥設計ツール

SimpleFertは、

  • 超シンプルな構成で使いやすい
  • 単肥と配合肥料の両方に対応
  • マクロ不要で動作が軽快
  • 初心者でも扱いやすい

私が現場で、10年以上試行錯誤して生まれた、実践的なツールです。ぜひ養液栽培にお役立てください。

メールアドレスと氏名の登録のみで、ダッシュボードからダウンロードできます。

システムの都合上、「決済」などと表示されますが、無料です。

メールアドレス登録フォームへ

使い方はこちら

植物工場の良いところは何ですか?

植物工場のメリットはたくさんあります!

  • 天候に左右されない安定生産:
    屋内で栽培するため、天候に左右されず、年間を通して安定した収穫が可能です。これは、市場価格の変動リスクを抑え、安定収入に繋がりやすいため、大きなメリットと言えるでしょう。
  • 高品質な作物の生産:
    環境を最適に制御することで、露地栽培よりも高品質な作物を生産できます。糖度や栄養価の高い作物を目指せるだけでなく、病害虫の発生リスクも抑えられます。
  • 農薬の使用量削減:
    衛生的な環境を維持することで、農薬の使用量を大幅に削減できます。これは、消費者ニーズの高い、安全・安心な作物生産に直結します。
  • 省力化・効率化:
    自動化システムを導入することで、重労働である灌水、施肥、収穫作業などを省力化できます。また、土地生産性が高く、限られたスペースでも効率的に栽培可能です。
  • 環境負荷の低減:
    水耕栽培システムの導入により、従来の農業と比べて、水資源の消費量を大幅に削減できます。また、農薬や肥料の使用量を抑制することで、環境負荷低減に貢献できます。
植物工場の欠点は何ですか?
  • 初期費用が高い:
    施設建設や設備投資に多額の費用がかかります。特に、LED照明や空調設備などは高額になりがちです。
  • ランニングコスト:
    電気代や空調代など、ランニングコストが比較的かかります。特に、光熱費の高騰は大きな負担となる可能性があります。
  • 栽培できる品目が限られる:
    日照量や高さなどの制約から、米や麦など、太陽光を多く必要とする作物の栽培は難しいです。葉物野菜やハーブ類など、比較的小規模な作物が中心となります。
  • 専門知識・技術が必要:
    環境制御や栽培管理には、専門的な知識や技術が必要です。適切な栽培管理を行わないと、収量低下や品質不良に繋がる可能性もあります。
植物工場の弱点は何ですか?

植物工場の弱点は、大きく2つ挙げられます。

  • 停電への対策:
    停電が発生すると、環境制御システムが停止し、作物が大きなダメージを受けてしまう可能性があります。自家発電装置の設置や、停電時の対応マニュアルの作成など、対策を講じておく必要があります。
  • 病害虫の蔓延:
    閉鎖空間であるため、一度病害虫が発生すると、施設全体に一気に蔓延してしまうリスクがあります。衛生管理を徹底するとともに、早期発見・早期対応を心掛けることが重要です。

植物工場は、従来の農業が抱える課題を解決できる可能性を秘めた、次世代の農業システムです。メリット・デメリット・弱点を理解した上で、植物工場に挑戦してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次