【植物工場のキーパーソン】計量・包装・検品・出荷の作業工程を徹底解説!

こんにちは、今村です

植物工場で、欠かせない重要なプロセス、それが「収穫後の作業」です。

収穫後の作業は、作物の品質・鮮度を左右し、ひいては企業の収益に大きく影響を与える重要な要素となっています。

この記事では収穫後の作業工程について、それぞれの工程の目的や重要性、ノウハウを詳細に解説していきます。

これから植物工場で働きたい方、キャリアアップを目指したい方、そして、植物工場ビジネスの成功を目指す経営者の方まで、ぜひ参考にしてみてください。

目次

なぜ収穫後の作業が重要なのか?

植物工場で丹精込めて育てた作物は、収穫してからが本当の勝負の始まりです。

収穫後の適切な処理を施すことで、鮮度と品質を維持し、消費者に最高の状態の作物を届けることが可能になります。

収穫後の作業がおろそかになると、以下のような問題が生じ、企業努力も水の泡になってしまいます。

  • 品質の劣化: 萎れ、変色、栄養価の低下など、商品価値が大きく損なわれる。
  • 腐敗の進行: カビや細菌の繁殖により、廃棄処分せざるを得ないケースも。
  • 食品ロスの増加: 企業の収益減、環境負荷の増大に繋がる深刻な問題。

特に、水耕栽培は土耕栽培と比較して、作物が清潔で傷が少ないというメリットがある一方で、水分蒸発しやすく萎れやすいという側面も持ち合わせています。

そのため、収穫後の適切な処理と管理が、水耕栽培で成功を収めるための重要な鍵となるのです。

収穫後の作業工程を解説!

植物工場における収穫後の作業は、複数の工程を経て行われます。それぞれの工程には、品質を維持し、ロスを最小限に抑えるための目的とノウハウが詰まっています。

ここでは、それぞれの工程を順番に見ていきましょう。

1. 収穫

植物工場における収穫作業は、単に作物を収穫するだけでなく、その後の工程を見据えた丁寧な作業が求められます。

  • 収穫のタイミング: 作物の生育状況や品種、出荷計画などを考慮し、最適なタイミングを見極める。早すぎると十分な収量が得られず、遅すぎると品質が低下してしまう。
  • 収穫方法: 作物に傷をつけないよう、専用のハサミやナイフを使用する。
  • 収穫後の速やかな移動: 収穫した作物は、速やかに収穫後の作業エリアに移動させる。温度変化や乾燥によるストレスを最小限に抑えることが重要。

2. 計量・選別

収穫した作物は、大きさや形、品質などを基準に選別されます。

  • 選別の基準: 取引先との契約内容や、販売する市場のニーズに合わせた基準を設定する。
  • 選別方法: 目視による選別、重量選別機、画像認識技術を活用した選別など、様々な方法がある。
  • 規格外品の活用: 規格外品は、カット野菜、加工食品への利用、従業員食堂での利用など、廃棄を減らすための工夫が必要となる。

3. 包装

包装は、作物を外部環境から守り、鮮度を保つだけでなく、商品価値を高める役割も担います。

  • 包装材の選択: 作物の種類、保存期間、販売方法などを考慮し、ガス透過性、透明度、強度、抗菌性などを備えた適切な包装材を選択する。
  • 包装方法: 個包装、袋詰め、トレー包装など、商品特性や販売戦略に合わせた包装方法を採用する。
  • ラベル表示: 商品名、生産者情報、消費期限、保存方法、原材料名、栄養成分表示など、必要な情報をわかりやすく表示する。

4. 検品

梱包前に最終チェックを行い、品質基準を満たした製品だけを出荷することで、顧客の信頼を獲得します。

  • 検品項目: 外観(傷、変色、異物混入など)、重量、包装状態、ラベル表示などをチェックする。
  • 検品基準: 社内基準、業界基準、取引先との合意に基づいた明確な基準を設定する。
  • 検品体制: 自動検査機の導入、複数人によるチェック体制など、確実な検品体制を構築する。
  • 記録: 検品結果を記録し、品質管理データとして活用する。

5. 箱詰め

箱詰めは、製品を安全に輸送し、保管するために重要な工程です。

  • 箱の種類: 段ボール箱、プラスチック製コンテナなど、強度、通気性、衛生面などを考慮して選択する。
  • 詰め方: 製品を傷つけないように、隙間なく丁寧に詰める。縦詰めが推奨されることが多い。
  • 箱詰め情報の記録: 箱の種類、製品名、数量、出荷日などを記録し、トレーサビリティを確保する。

6. 在庫管理

適切な在庫管理は、食品ロスを減らし、収益を最大化するために不可欠です。

  • 保管場所: 適切な温度・湿度管理が可能な冷蔵庫や保管庫を利用する。
  • 先入先出: 古い製品から順番に出荷する先入先出方式を採用することで、品質劣化によるロスを最小限に抑える。
  • 在庫管理システム: 在庫状況をリアルタイムに把握できるシステムを導入することで、適切な発注・出荷計画に役立てる。

収穫後の作業におけるノウハウとポイント

収穫後の作業を効率的かつ効果的に行うためには、いくつかの重要なポイントを押さえておく必要があります。

  • 作業動線の最適化: 収穫から出荷までの作業工程をスムーズにつなげ、無駄な動きを減らすことで、作業効率を向上させる。
  • 衛生管理の徹底: 作業場や器具の清潔を保ち、異物混入や微生物汚染を防止することで、食の安全を確保する。
  • 温度管理: 収穫後の作物は、低温管理することで鮮度低下を抑えることが重要。適切な温度帯を維持できるよう、冷蔵設備の導入や温度管理の徹底を行う。
  • 湿度管理: 乾燥や萎れを防ぐため、適切な湿度管理を行う。必要に応じて加湿器の設置や湿度計の設置を行う。
  • 記録の徹底: 各工程における作業内容や測定値などを記録し、データに基づいた品質管理を行う。

まとめ

植物工場は、食糧問題や環境問題の解決策として、ますます期待が高まっています。

植物工場での収穫後の作業は、高品質な作物を安定供給し、植物工場ビジネスを成功に導くための重要な鍵を握っています。

ぜひ、本記事を参考に、植物工場での収穫後の作業について、より深く学んでみてください。

こちらもオススメです

\ 無料でダウンロードできます /
養液栽培で使える、超シンプルな施肥設計ツール

SimpleFertは、

  • 超シンプルな構成で使いやすい
  • 単肥と配合肥料の両方に対応
  • マクロ不要で動作が軽快
  • 初心者でも扱いやすい

私が現場で、10年以上試行錯誤して生まれた、実践的なツールです。ぜひ養液栽培にお役立てください。

メールアドレスと氏名の登録のみで、ダッシュボードからダウンロードできます。

システムの都合上、「決済」などと表示されますが、無料です。

メールアドレス登録フォームへ

使い方はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次